株主総会指導

 株主総会とは、株式会社における最高意思決定機関であり、会社の重要事項は株主総会で決定されるのが原則です。そのため、株主総会の手続は会社法で細かく定められており、かかる手続規定に違反した場合には、株主総会が無効とされる、あるいは取り消されるなどの重大なリスクを伴います。また、株主からの質問に対して的確な回答ができず、スムーズな株主総会運営ができなければ、株主からの信頼を失うリスクもあります。

 かかるリスクを回避するためには、法律の専門家である弁護士に、株主総会指導を依頼するのが最も有効ですが、全ての弁護士が会社法の専門知識と会社経営に関する幅広い知見を有しているとは限りません。

 当事務所には、30名以上の弁護士が在籍しておりますが、各弁護士が、様々な会社の顧問弁護士を勤めており、会社法の専門知識を有しているほか、あらゆる業種に関して、会社経営に関する幅広い知見を有しております。

 株主総会指導をご依頼される際には、是非、当事務所にご依頼ください。

関連するコラム