商標権・意匠権

 企業活動において、自社の商品やサービスのブランドやイメージの保護は必要不可欠です。特に現代では、多くの分野において製造技術・サービス内容が各社で拮抗状態になりつつあるため、商品・サービスのブランドやイメージが、他社との差別化においてより重要な地位を占めるようになっています。

 商標や意匠は、こうした商品・サービスのブランドやイメージを保護するものですが、商標等を実際に活用する場合、調査、出願、中間処理、登録等の権利化業務、他者の不適当な商標等に対する特許庁への働きかけや商標等の無効化に関する手続き、違法な模倣品・海賊版の販売・輸入に関する輸入差止の申請、仮処分申立て、侵害訴訟の提起等の侵害対応まで、幅広い法的サービスが必要となります。

 当事務所では、設立当時より多数の商標等に関するご相談を受けており、知財紛争・裁判実務の経験豊富な弁護士が数多く在席しております。また、所外の優れた弁理士と連携することで、権利化業務、他社の商標登録の無効化から権利侵害対応まで、企業が有するブランドの保護戦略を見据えた、迅速かつ精緻なリーガルサービスの提案をすることを目指しております。