下請法

 下請法は、下請取引における親事業者の優越的地位の濫用行為を規制するために制定された法律です。事業者が下請業者と取引をする際に、事業者の資本金規模及び取引の内容からみて、当該取引が下請法の対象となるか否かの検討は欠かせません。

 近年、下請法違反で勧告や指導を受ける事業者が増加しており、事業者にとって、下請法を遵守することがますます重要となってきています。

 当事務所では、事業者が下請業者と取引する場合に当該取引が下請法の適用対象となるか等の法的な問題点の調査及び検討、下請法に関する調査業務等、下請業者との取引に関する対応が可能です。また、万が一、下請法違反の疑いが生じてしまった際には、公正取引委員会及び中小企業庁との折衝等を行うことが可能です。

関連するコラム