不祥事調査(第三者委員会)

 コンプライアンスが重視される今日にあって、不祥事に対し、迅速かつ適切な対応をする重要性はますます高まっているといえましょう。

 法人の不祥事が発生した場合、外部弁護士等による第三者委員会を編成して中立的な立場から事実関係の調査・原因の究明を行わせることが一般的になってきております。また、社内調査を行うにせよ、調査の客観性を確保するために外部弁護士を調査に加えることが一般的になっています。重要なのは、官公庁対応、IR対応、マスコミ対応も視野に入れ、社会的に信頼される公平な調査及び報告をすることのできる人材ですが、そういった人材は限られているのが現状です。 

 当事務所は、検察官出身者、裁判官出身者をはじめ企業調査の経験豊富な専門家を多数擁しております。また、大規模な調査にも応えられる十分なマンパワーを備えております。