著作権

 情報のデジタル化・ネットワーク化が急速に進み、プロのクリエイターのみならず、誰もが写真や映像、イラストなどの作品をつくり著作権者となる可能性が拡大し、一方で、企業・個人ともに他人の著作権を侵害し、紛争化するリスクが高まっています。自社又は自己のコンテンツの価値を最大限に活用していくためには、コンテンツの制作過程、プロジェクトの計画過程、及び、契約段階等において危機意識を高め、法的助言やチェックを受けることが重要になっています。

 当事務所は、設立時より、IT分野に関する法的サポートに取り組むとともに、当該分野における著作権保護や活用、及び、紛争事案に積極的に取り組んでおります。

 出版・音楽等の従来の形態の著作物のみならず、ゲーム、ソフトウェア、アプリ、音楽配信、及び、動画配信等のデジタルコンテンツといったインターネット等のネットワーク化社会に対応した著作権の案件を多数取り扱っており、著作権侵害に関する警告書対応、民事裁判及び刑事告訴等に加え、著作物に関連する使用許諾契約(ライセンス契約)、著作権譲渡契約、出版契約、制作委託契約、出演契約、開発契約、及び、二次利用契約等のあらゆる契約書作成や交渉業務を提供しております。

 また、事業譲渡や企業合併等のM&Aを組み合わせることにより、効率的かつ効果的にコンテンツを活用できることもあります。著作権法及びM&A等の企業再編の双方に対応できる多数の弁護士が所属する当事務所においては、適切かつ迅速に、スキームの提案や著作権デューデリジェンスを実施することが可能です。