フランチャイズ

 フランチャイズとは、フランチャイザー(本部)がフランチャイジー(加盟者)に対して、特定の商標、商号等を使用する権利を与えるとともに、フランチャイジーの物品販売、サービス提供、その他の事業・経営について統一的な方法で統制、指導、援助を行い、これらの対価としてフランチャイジーがフランチャイザーに金銭を支払う事業形態をいいます。

 フランチャイズシステムは、フランチャイジーの資金を利用できるため、少ない資金で事業拡大が可能となる等、そのメリットは大きいものといえます。しかし、フランチャイズ契約は、多数のフランチャイジーとの間で締結されるものであり、当初締結したフランチャイズ契約書に不具合が存在すると、フランチャイザーは甚大な影響を被ります。

 また、フランチャイズを立ち上げて、数年が経過した場合、その実態に合わせてフランチャイズ契約書の見直す必要性があります。その他、フランチャイズ契約は、多数のフランチャイジーをかかえ、そのフランチャイジーが多数の従業員をかかえていることから、従業員トラブルを含むフランチャイジーとのトラブルや運営上のトラブルが発生することが多くみられます。

 当事務所は、フランチャイズを専門とする法律事務所に所属していた弁護士が在籍しているなど、フランチャイズを巡る法律問題について、適切に対応することが可能な体制を整えています。フランチャイズ契約書の作成やその見直し、フランチャイズを巡る法律問題等は、フランチャイズに精通した当事務所にお任せください。

関連するコラム