渡邉 清

オブ・カウンセル

経歴

1977 呉工業高等専門学校電気工学科卒業
1982 早稲田大学法学部卒業
1985 司法試験合格(第40期)
1988 検事任官、東京、広島等の地検、高検にて勤務
2016 検事退官、弁護士登録(東京弁護士会)
2018 ひかり総合法律事務所入所

所属団体/公職

日本弁護士連合会
東京弁護士会
東京弁護士会常議員(2017年度)
東京弁護士会法曹養成センター委員(2018年度)

主要取扱分野

28年間の検事経験があり、刑事事件については、被疑者・被告人の弁護人としての弁護活動だけでなく、犯罪被害者やその家族を支援する弁護活動においても十分な法的サービスを提供できると考えています。民事事件については、一般民事事件のほか、破産事件、債務整理事件、家事事件(相続、後見)等を取り扱ってきました。また、検事在職中、司法制度、企業のコンプライアンス等に関する講義・講演、法科大学院非常勤講師を経験しており、学校、企業、団体等からの講師派遣依頼には適切に対応できると考えています。その他、工業高専で電気工学を履修していること、上場企業の社外監査役に就任していることなどの経験を活かし、かかる分野における法的なニーズにも対応できると考えています。