澤田 行助の写真

澤田 行助

パートナー

経歴

1990 愛知県立旭丘高等学校卒業
1995 早稲田大学法学部卒業
1998 司法試験合格(第53期)
2000 第一東京弁護士会に登録 岩原総合法律事務所にて執務
2004 ひかり総合法律事務所に入所
2009 当事務所パートナー

所属団体/公職

日本弁護士連合会
第一東京弁護士会
日弁連ADR(裁判外紛争解決機関)センター
第一東京弁護士会仲裁センター運営委員会 副委員長(H27〜)
第一東京弁護士会東日本大震災対策本部及び災害対策委員会 副委員長(H28〜)
原子力損害賠償紛争解決センター仲介委員(H24〜)
第一東京弁護士会仲裁センター仲裁人
(財)全国中小企業取引振興協会 下請適正取引推進センター調停人

メッセージ

 弁護士登録から早くも18年が経過しました。これまで多くの訴訟事件、交渉事件などを扱い、一つ一つの事件を最も良い解決に導くためにどうすれば一番良いのかを常に模索してきたと思っています。
 経験を重ねていくうちに、弁護士にとって最も大切なことは、当該事案の生の事実関係を誰よりも良く知ること、そして、その中からクライアントにとって最も有利な事実を抽出し、法的に分かりやすく表現することだと考えるようになりました。
 親しみやすく、それでいて冷静に事件を分析し、有利な解決を導く弁護士でありたいと思います。
 法律相談では、カウンセリングの傾聴技術を取り入れ、信頼関係の構築に重きを置いた相談を行っております。
 また、裁判外の紛争解決手続(ADR)にも精通し、他機関の調停人や紛争解決委員も勤めておりますので、訴訟以外の迅速な解決をお求めの際は、ADRも含めた幅広い解決方法をご提案します。

取扱分野

企業法務(各種損害賠償請求訴訟、契約書作成、株主総会指導、紛争予防法務など)、労働事件(企業側・労働者側)、建築関係事件、不動産関係事件、IT関連事件(システム契約、ネット上の名誉棄損・プライバシー侵害など)、著作権関連事件、債権回収、破産関連事件(申立代理人・破産管財人)、事業承継の具体的アドバイス、離婚・相続等一般民事事件。

過去のセミナー

会社法、労働問題、相続、事業承継など。