仲田 信範

パートナー

経歴

1961 東京都立日比谷高等学校卒業
1971 横浜国立大学中退
1976 第二東京弁護士会弁護士登録(28期)
1976 東京共同法律事務所へ入所
1993 新宿区四谷に仲田法律事務所設立
1999 第二東京弁護士会事務局長(2年間)
2001 港区西新橋へ事務所移転
2002 日弁連常務理事(1年間)
2002 仲田・森谷法律事務所設立(パートナー)
2011 仲田信範法律事務所に名称変更
2013 ひかり総合法律事務所所属(パートナー)

所属団体/公職

第二東京弁護士会
裁判員裁判実施推進センター委員会

メッセージ

労働事務所出身で、労働事件を初め様々な市民事件に携わってきました。経験年数は35年です。
様々な分野の企業家、専門家、取締役、各種団体役員、プロ選手、職務発明家等、社会の中軸として、それぞれの社会を現場で支え、また組織や権威によらずに自立して自分の分野や仕事を切り開いていこうとする人たちの手助けをすることに力点を置きます。それは法律的なサポートだけでなく、税理士との協働による税務処理も含めて総合的に遂行できることを目指します。さらにそれぞれの専門分野についても理解と認識を深めて、依頼者と少しでも共通の問題意識をもてるよう努力します。

主要取扱分野

これまでは交通事故、損害賠償事件、クレサラ、民事再生、破産、保証債務、離婚、遺産分割、借地・借家、労働、株主代表訴訟、株式買取請求事件等です。
これからは、市民生活を送っている誰もが一回は遭遇する家を買ったり売ったりする、損害賠償請求をしたりされたりする、このような時に交渉の達人がいたらどんなにいいでしょうか。交渉に役に立つプロになります。