労働紛争は,企業間の競争激化の影響を受けて,近年,企業の再編が活発になっており,雇用は流動化が進み,就業形態が多様化しています。また,労働審判法の施行と相まって,労使紛争は増加する傾向にあります。しかしながら,安定した企業運営のためには,労使紛争を未然に防ぐ必要があります。当事務所では,労務全般に精通した弁護士が複数所属しており,企業のニーズに対応する体制を整えています。単に,労使紛争を解決するだけでなく,活力ある人事制度の構築を見据えたアドバイスを行っています。

また,従業員からの労働問題のご相談にも対応します。