当法人は、平成27年1月21日、代表社員である藤原宏高によって設立されました。 弁護士業務を法人化した目的は、これまで個人ベースで行ってきた弁護士業務の継続性の確保と後継者の育成です。

 当法人が受任した法律業務に関しては,当法人(所属弁護士藤原宏高)が中心となって,ひかり総合法律事務所と緊密に連携し,同事務所所属のシニア・カウンセル斎藤隆弁護士、アソシエイト葛山弘輝弁護士、武田昇平弁護士、ジェイムス・ダカティ弁護士、三浦希美弁護士、植松大雄弁護士及び吉原祐介弁護士が業務を分担させていただきます。加えて,同事務所パートナーの山田康成弁護士、板倉陽一郎弁護士及び清水敏弁護士も,専門性を必要とする案件に関して,当法人と連携して対応しています。このように,当法人を核として、複数の弁護士集団が藤原チームとして,様々な案件に対応する体制を整えています。
 加えて,案件によっては,ひかり総合法律事務所の他のパートナーとも連携することが可能です。

 特許紛争をはじめ、科学技術を争点とする高度の専門的な訴訟、ホテルの買収などのM&A案件,会社役員に対する代表訴訟,中小企業の経営権を巡る紛争などの会社関係訴訟に対しても、柔軟なチーム構成によって、迅速かつ精力的に対応しております。
 また、同様に当法人およびジェイムス・ダカティ弁護士を中心として海外チームを構成し、海外進出案件への強力なサポート、海外とのライセンス契約・秘密保持契約締結の支援業務などの幅広い渉外業務へのサポートも行っております。

 平成29年1月16日には、藤原弁護士が取締役となって、コンサルティング業務を行うカンボジア法人を設立しております。

 当法人の特徴的な業務は以下のページをご覧ください。

1. 中小企業の海外進出
2. 中小企業の事業承継とM&A
3. カンボジアへの投資・進出支援

代表社員 弁護士藤原宏高